三重県地方卸売市場トップ  >  キッズページ  >  せりのてぶり

せりのてぶり

全国(ぜんこく)から市場(しじょう)に届(とど)いた野菜(やさい)や果物(くだもの)、魚(さかな)などは、まだ値段(ねだん)が決(き)まっていません。

朝早(あさはや)くに、市場(しじょう)の人(ひと)と売買参加者(ばいばいさんかしゃ)とよばれるひとたちが市場(しじょう)に集(あつ)まって、値段(ねだん)を決(き)めます。その決(き)める方法(ほうほう)をせりといいます。

そのせりで使(つか)われる手(て)や指(ゆび)の動作(どうさ)を手振(てぶ)りといい、品物(しなもの)の値段(ねだん)を手(て)であらわします。

手(て)のひみつ

手振(てぶ)りは、1から9までが基本動作(きほんどうさ)です。

一(いち)、十(じゅう)、百(ひゃく)、千(せん)の単位(たんい)に共通(きょうつう)して使用(しよう)します。

1 2 3
1 2 3

例(れい)15の場合(ばあい)

はじめに人差(ひとさ)し指(ゆび)を立(た)てて あとは手(て)を開(ひら)きます。(5)

例(れい)25の場合(ばあい)

人差(ひとさ)し指(ゆび)と中指(なかゆび)を立(た)ててそれから手(て)を開(ひら)きます。(5)

例(れい)35の場合(ばあい)

人差(ひとさ)し指(ゆび)と親指(おやゆび)で輪(わ)をつくり輪(わ)をはじきます。(5)

4 5 6
4 5 6

例(れい)45の場合(ばあい)

4、5と値(あたい)を表(あらわ)します。

区別(くべつ)するため親指(おやゆび)だけ早(はや)く折(お)り曲(ま)げます。(5)

例(れい)55の場合(ばあい)

片手(かたて)を開(ひら)き左右(さゆう)にかるく振(ふ)ります。(5)

例(れい)65の場合(ばあい)

親指(おやゆび)だけ立(た)てて(6)あとの4本(ほん)を結(むす)んだりひらいたりします。(5)

7 8 9
4 4 4

例(れい)75の場合(ばあい)

親指(おやゆび)、人差(ひとさ)し指(ゆび)を立(た)てて中指(なかゆび)、薬指(くすりゆび)、小指(こゆび)の3本(ぼん)を折(お)り曲(ま)げて動(うご)かします。(5)

例(れい)85の場合(ばあい)

人差(ひとさ)し指(ゆび)、中指(なかゆび)を前(まえ)に出(だ)して、斜(なな)め下(した)にさげ(8)手(て)を開(ひら)きます。(5)

例(れい)95の場合(ばあい)

人差(ひとさ)し指(ゆび)を前(まえ)に出(だ)して斜(なな)め下(した)にさげ(9)手(て)を開(ひら)きます。(5)
ページ上部